コロナ禍における原油価格・
物価高騰等 総合緊急対策

新型コロナウイルスの影響の長期化と原油価格の高騰のため、この度“値引き型”市民生活エールクーポンをお届けします。市民の生活に役立てて、市民一体となって地域経済を盛り上げ、コロナ禍を乗り越えましょう。
12/25(日)期限の現在お手持ちのエールクーポンは2023年2月28日(火)まで使えます 使用期間12月1日(木)~2月28日(火)

市長挨拶

市民の皆さまには、長引く新型コロナの感染防止にご協力いただき、まことにありがとうございます。

このたび福島市では、長引くコロナ禍に加え、物価の高騰が一段と進み、家計に大きな影響を与えていることから、8月の第4弾に続いて、第5弾となる「ふくしま市民生活エールクーポン」を発行することにいたしました。

今回は、前回と同じ1セット4,500円分のクーポンを、前回より負担が少ない2,000円で購入できるようにし、生活支援分を手厚くします。

ご家族の人数分の引換券をお送りしましたので、物価高騰下の生活の一助としてぜひご利用いただきますとともに、値上げを最小限に抑えるよう努力しているお店にも激励をおくる気持ちでお使いください。

また、子育て世帯と妊娠されている方には、18歳までの子どもと妊婦1人あたり9,000円分のクーポンを支給します。子育て世帯の方へは引換券を同封しており、妊娠されている方へは別途ご案内いたします。

なお、前回のエールクーポンの使用期限は、今回と同じ2月末日まで延長しますので、まだお持ちの方は慌てずにご利用ください。

新型コロナの感染拡大は、8回目の波が押し寄せ、年末年始にかけてさらに拡大する怖れがあり、インフルエンザとの同時流行も懸念されています。

福島市は、今後も感染防止と社会経済活動の両立を図る「ウィズコロナ」の道をできる限り進んでいきたいと思います。

市民の皆さまにおかれましては、改めて基本的対策を徹底するとともに、日ごろの健康づくりに加え、オミクロン株対応型ワクチンやインフルエンザワクチンを年内に接種するなどして防御力を高め、「自分が感染しない、他人に移さない」よう、ご協力をお願いいたします。

令和4年12月

福島市長 木幡浩

TOP

MENU